クオリティの高い景品も勢揃い

LIST

2017年07月26日
クオリティの高い景品も勢揃いを更新。
2017年07月26日
低予算ビンゴでも盛り上がる景品を更新。
2017年07月26日
場を盛り上げる景品も準備しておきましょうを更新。
2017年07月26日
費用面にもこだわった景品選びを更新。

景品の仕入れ

景品の用意は基本的に大量発注になるかと思います。景品も、最近では色々な商品が無料で配付される時代です。クオリティーの高い商品もたくさん配付されている上に、ちょっとした食品系の景品も一つ一つが豪華になりつつあるといえます。そんな景品は、最近主流なのが季節に応じた景品です。
冬はその企業の広告入りのホッカイロであったりホットアイピローなんかも実用的。もらっても嬉しい上に消耗品は物を持ちたくないミニマリストさんにもピッタリです。もうちょっとランクを上げてゴージャスにするのでしたら、ブランケットなども良いですね。
同様に夏は保冷バッグが人気があり、他にも光るブレスレットや指輪など、おもちゃ系の景品も意外に世代を問わず人気があります。いずれもインターネット経由で購入できるものばかりです。しかも、専用の業者さんがいらっしゃるので、卸売り価格で購入できるというのも大きなポイントです。
なかなか単品で購入すると100円ショップなどしかありませんが、そういったサイト経由でしたら大量購入もできちゃいます。しかも、たくさん買えば買うほど単価が押さえられる場合もあるんです。もし余っても、次回に使える景品なら便利ですよね。

景品の作り方について

様々な施設でターゲット別の景品を作る事は当たり前のことです。しかしながら、コスト面やターゲットに沿った景品を作ることができるかどうかは非常に大きなポイントになってきます。あまりにもそれぞれの施設に沿った形を作りすぎると実際に景品をもらったとしても使ってもらえるかどうかわからなくなります。
逆にあまり施設のオリジナリティーのない一般的な景品になると思い入れを持ってもらえなくなるのが残念なところです。では、お子様向けの景品について具体的に考えてみたいと思います。例えば、その向けで最も利用してもらえそうな景品と言えば定規や消しゴム、ペン、またはクリアファイルといった文房具を好んでくれます。
ここに施設としてのロゴを入れたりワンポイント入れることで愛着を持って使ってもらえるのであれば、施設としてのブランド価値も上がりますし非常にメリットがあるのではないでしょうか。もちろんこうした経費に関してはロット数を上げてたくさん作ることができますので非常にコスト面でも有利になってきます。子供向けに対して大人向けの景品は非常に難しいところですがターゲットを絞って候補をいくつか探すことで間違いなく正しい選択ができると思います。

CHOICES

場を盛り上げる景品も準備しておきましょう

イベントで喜ばれる景品とは ゴルフや草野球といったスポーツ系のイベントでは、景品を用意しておくと非常に盛り上がります。景品と言っても様々な種類があるので、もらった人が喜ぶようなアイテムを選ぶのがおすすめです。何を選べばいいのか迷った時におすすめなのが、各種ギフト券です。金券と同じように使えるギフト券は、もらった人…

MORE

費用面にもこだわった景品選び

景品の買い方 来場者や利用者にプレゼントするちょっとした景品には、大量にまとめ買いすればするほどお得な商品もたくさんあり、そのバリエーションも充実しています。景品には欠かせない定番のエコバッグ、トートバッグも、大量に買えば1枚20円~30円で揃ってしまうものもあります。ネットでも販売されているので買いにいく手間も…

MORE